音がする水のトラブルを解決する方法

天井裏や壁の中、床下など見えない部分で起こる水のトラブルは発見が遅れがちで、気づいた時には被害が広がっていることも多いものです。見えない部分で起こった水のトラブルを見逃さないためには、音に注目する方法があります。

■水のトラブルで音がする場合とは

水やお湯を止めたときドーンと鳴るのは、給水管や給湯管の内部に水やお湯が激突するためで、ウォーターハンマー現象と呼ばれる現象です。そのままにしておくと、配管を傷める可能性があるため、早急に対処する必要があります。水やお湯を使うとき、ブーンという音がする場合は、水栓内部のパッキンの劣化が疑われます。パッキンの交換を検討しましょう。
排水管がゴボゴボいうときは、配管内部に汚れが溜まっているサインです。放置すれば詰まってしまう可能性もあるため、パイプクリーナーなどを使って掃除をします。
天井や壁、床下で音がする場合は、配管からの水漏れが原因です。給水管の水漏れでは、シューッ、バーッなどの音がするのに対し、排水管の水漏れはポタポタ、トントンなど静かな音のため気づきにくい傾向にあります。

■音がするときの対処法

ウォーターハンマー現象がみられるときは、ハンドル操作をゆっくり行ったり、元栓を絞って様子をみます。それでも改善されない場合は、水撃防止装置の取り付けを検討しましょう。
天井や壁、床下などで音がする場合は、業者に点検を依頼する必要があります。天井から音がするのにシミが出来ていないときのように、排水管が伸びて建材と接触しているだけのケースもあります。その場合は、排水管と建材の間にクッションをおくことで解決できます。

■まとめ
このように、水のトラブルで音がするときは、音によってトラブルの内容や原因がわかります。水を使うときはもちろん、普段からいつもと違うことはないか気にしておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ