代表的な水のトラブルと基本的な解決方法

代表的な水のトラブルと基本的な解決方法 水回りは毎日、頻繁に使用するため、通常の使用法をしていても、水のトラブルが起こる可能性があります。水回りの中でも、キッチンは特に起こりやすい場所です。蛇口の水が出にくい、流れにくいなどのトラブルは気づきやすい一方で、シンク下で水漏れが発生した場合には、気づくのが遅れることも少なくありません。
お湯を頻繁に使う浴室も、トラブルが起こりやすい場所のひとつです。お湯が出ない、排水口からスムーズに流れていかないなどの症状がよく見られます。トイレはつまって流れない、水が止まらないなどのトラブルが多い場所です。水回りのトラブルが起こると日常生活に支障をきたすため、早急に解決する必要があります。

■水のトラブルは主に水漏れとつまりの2種類

水漏れとつまりは、水回りのどの場所でも起こる代表的な水のトラブルです。排水管を通って、下水に水を流す仕組みになっていますが、使い続けるうちに排水口や排水管に汚れが溜まると水が流れにくくなり、つまってしまうと逆流してあふれることもあります。つまりが原因で水漏れが起こる可能性もあるため注意が必要です。
蛇口からの水漏れも、起こりやすい水のトラブルのひとつです。吐水口からポタポタ水が漏れるケースのほか、ハンドル部分や本体の根元から水が漏れることもよくあります。家の中に水を引き込む給水管や、建物内の水を外に出すための排水管も、水漏れが起こりやすいところです。壁の中や床下など、目に見えない場所で水漏れが起こると、気づきにくいだけでなく、修理には大掛かりな工事が必要となることもあります。
見えない場所の水漏れを発見するには、水道料金のチェックが役立ちます。急に水道料金が上がった場合には、給水管からの水漏れを疑いましょう。

■水漏れが起こったときの対処法
わずかな水漏れでも、そのまま使い続けると、状況が悪化するリスクがあります。水のトラブルが起こったら、すぐに水の使用を中止して、水漏れ箇所を特定すべきです。
蛇口からの水漏れは、接続部分の緩みや、部品の劣化が原因のことがほとんどです。修理には専用の工具が必要なため、工具がない場合は、業者に依頼する必要が出てきます。配管からの水漏れは、接続部の緩みやパイプの劣化、破損が原因です。大きな地震や気温の急激な変化により、配管が破損することもあります。
給水管から水が漏れている場合は止水栓を閉め、水を拭き取ってから水漏れ箇所の下にバケツなどを置いて応急処置をします。排水管から水が漏れているときは、同様の処置をして内部に溜まっている水が切れるのを待ちましょう。
接続部が緩んでいるだけの場合は、締めるだけで直りますが、締めすぎると配管自体が破損する可能性もあります。配管トラブルは、水道修理業者など専門家に依頼する方が安心です。

■つまりを解消する方法

排水口や排水管がつまった場合、排水口など、目に見える部分の汚れを取り除いて、様子を見てください。まだ流れが悪いようなら、見えない部分にもつまりが発生している可能性が高くなります。
つまりが軽微な場合には、排水口に重曹と酢をふりかけ、お湯を注いで1時間程度放置してからお湯を流してみましょう。市販のパイプクリーナーを使う方法もあります。ただし、キッチンと浴室、洗面所ではつまりの原因が異なるので、キッチンのつまりには油を溶かすタイプ、浴室や洗面所では髪の毛を溶かせるタイプを選ぶことがポイントです。
これらの方法で解消できない重度のつまりを解消するには、ワイヤーブラシや高圧洗浄機など専用の道具が必要となります。無理をすると配管に穴をあけてしまう可能性もあるため、水道修理業者に依頼することをおすすめします。

■まとめ
水漏れやつまりが起きた場所は、直すまで使わないのが基本です。応急処置をしたら、すぐに対処しましょう。水のトラブルの中には、自分で解決できるものもありますが、その場合でも専用の道具が必要であることがほとんどです。慣れない作業には時間がかかるのはもちろん、リスクも伴います。水道修理業者に依頼すれば、早く確実に解決できます。早く直したい場合は、すぐに業者に依頼するのがよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース